レザークラフト研究

小さなレザークラフト教室をしています。小物から鞄まで

レザークラフトをする際に揃えたい基本の工具

レザークラフトをする際に揃えたい基本の工具を挙げてみます。

(裏地を付けずに)革だけで作品を作り、手縫いで縫う、という前提で、必要な工具です。

 

【工具】

 

1.カッターマット(カッティングマット、ビ二プライなどとも言う)

 裁断作業を行うには必須です。

 方眼のあるマットは何かと便利です。

カッターマット(ビ二プライ) 6ミリ厚 Cutting Mat thickness 6mm 

カッターマット(方眼) Cutting Mat



2.裁断工具

 カッター、革包丁のいずれかを用意します。

 どちらでも自分の使いやすいほうでOKです。

 ただし、カッターで革漉きはできないため、革漉きをする場合、革包丁が必要です。

 

 カッターは刃巾が2cmある、刃の厚いほうの種類を使ってください。

 刃巾が1cm位の刃の薄いカッターは、革のように厚い物の裁断には適しません。

 刃が革の抵抗に負けて湾曲して折れやすいため、思わぬケガの原因にもなります。

カッター Cutter Knife

革包丁 Leather Cutting Knife




3.ゴム板

 主に、この上で金具を付けるための打ち具を使うために使用します。

ゴム板 Rubber Plate



4.木槌

 金具を付けるときに必要です。

 金具を付ける際に、金槌は使いません。

 金属の工具に金槌を使うと、金属工具が欠けたりひずんだりするためです。

 ただし、別の用途に金槌が必要になることがあります。

木槌 Wooden Hammer



5.手縫い針

 手縫いで作品を仕上げるには必須です。

 レザークラフトでは糸の両端に針を付けるため、最低2本必要です。

革用手縫い針 Leather Needles



6.ディバイダ―

 革の端から3mm巾などの等間隔で線を引くための工具です。

 手縫い用の縫い穴をあける際にあると便利です。

ディバイダ― Divider



7.目打ち

 手縫いする際に、縫い穴を開けるための工具です。

 一般的には穴の形が菱形になる「菱目打ち」がよく使われます。

目打ち(写真は菱目打ち) Stiching Hole Punch



8.ローラー

 革などの接着後、密着させるために使います。

ローラー Roller



9.ハトメ抜き(ポンチ)

 バネホック、ジャンパーホック、ハトメリング、カシメなどの金具を付ける場合は、必須のアイテムです。

ハトメ抜き(パンチ/ポンチ) Punch



10.金具の打ち具

 金具の種類ごとに、それぞれ打ち具を用意する必要があります。

 バネホックはバネホック用の打ち具で、

 ジャンパーホックはジャンパーホック用の打ち具で、

 ハトメリングはハトメ用の打ち具で、・・・

 といった形になります。

 必要に応じて揃えてください。

打ち具の例(写真はカシメ打ち) Rivetting Tools



11.ガラス板

 革の裏面(床面)を磨くのに必要です。

 また、手作業で革漉きする場合、ガラス板の上で革包丁を使うことがあります。

ガラス板 Glass Plate



12.スリッカー(ヘリ磨き棒)

 革のコバ(断面、切り口)を引き締め、美しい見た目にすることを「コバ磨き」と言います。

 スリッカーはコバを磨くときに使います。

スリッカー Slicker



13.丸錐(丸ギリ)

 1本用意しておくと便利です。

丸錐(丸ギリ) Awl



14.

 革の表面をペン先で押して少しくぼませ、軽く印を付けるのに使います。

 レザーカービングでも図案を革に写すために必要な工具です。

 

鉄筆(スタイラスペン) Stylus

 

15.ヘリ落とし

 無くても作品を作ることは可能ですが、あるとコバがより綺麗に仕上げられます。

ヘリ落とし Edge Beveler



 

 

【その他に必要な材料・副資材】

 

1.手縫い糸

 手縫いで作品を仕上げるには必須です。

 メーカーによって太さの表記が異なります。

 「5番」などと呼び名を付けている場合があります。

 各メーカーで色々な太さ(番手)が生産されていますが、

 一般的に手縫いでは、0.5mm位の糸がよく使われます。

手縫糸 Thread



2.蝋(ろう)

 手縫いする場合は必須です。

 糸に塗るために使用します。

 蝋を塗って少しベタベタさせることで、しっかりと糸を引き締めることができます。

蝋(ロウ) Wax



3. 接着剤

 「サイビノール」という水ベースのもの、

 ゴムのリのような溶剤系のもの、セメダイン系のもの、色々ありますが、

 それぞれ持っていると、使い分けできて便利です。

接着剤(『サイビノール』水ベース) Saibinol

接着剤(『スリーダイン』溶剤系ゴムのリ) Sridain




4.床面処理剤

 「トコノール」「トコフィニッシュ」などがあります。

 革の裏面(床面)に薬剤を塗り、ガラス板などで磨くと手触りが滑らかになります。

床面処理剤(『トコプロ』)Toko Pro



5.コバ処理剤

 コバ磨きの際に使う薬剤のことです。

 「トコノール」「トコフィニッシュ」などのことです。

 水のような液状のもの、こってりした糊状のもの、もともと着色されているもの、など、様々な種類があります。

コバ処理剤(『トコノール』茶) Tokonol



6.革の表面(吟面)を保護する薬剤

 「レザーコート」などが代表的です。

 素上げのヌメ革を使う場合は、作業のはじめの段階で塗っておくと、革を保護・防汚します。

吟面保護剤(『レザーコート』) Leather Coat



7.サンドペーパー(やすり)

 荒い番手、細かい番手、2種類以上があると便利です。

 できれば、240番、400番、600番、800番くらいがあれば良いです。

 コバ磨きや、革の表面(吟面)に接着剤を塗る際に、糊の喰いつきをよくするために、やすりをかけるのに使います。

やすり Sand Paper



 

レザークラフトで一番最初に揃えておきたい工具・資材は、概ね上記のとおりです。

 

使う工具は多種多様で、揃えようと思うとキリがありませんが、

例えば、糊を塗るヘラなどはプラスティックの平棒などで代用できますし、

ぜひ、自宅にある物でも代用してみてください。

 

 

Windows用iCloudドライブアプリのインストールが進まない件(備忘録)

ブラウザで、Microsoft Storeから「WindowsiCloud」アプリを検索し、「ダウンロード」ボタンをクリックして自分のPCの任意のフォルダにexeファイルを保存。

それを「管理者で実行」すると「MicrosoftStoreから情報を取得しています・・・」の表示のまま、いっこうに進む気配がない場合の対処法(覚書)。

 

自分のPCの

「スタート」

ー「Microsoft Store」(プリインストールされているメニュー)

ー左側の「アプリ」メニューに切り替え、「WindowsiCloud」を検索

ー「WindowsiCloud」の「ダウンロード」をクリック

 

1分以内にはインストール画面が現れます。

 

インストール後、Windowsエクスプローラーに、

iCloudドライブ」とともに、「iCloud写真」も現れます。

やっと目的の写真のコピー等が素早く行えるようになりました。

 

iCloudドライブ、iCloud写真 へのショートカット

 

あぁ、いろいろと、ややこしい・・・。

 

インターホン(ドアベル)を別の階で検知(備忘録)

RC4階建でインターホン(ドアベル)が2階(メイン)と3階(サブ)にしかないため、宅配便が来ても気づかずに受け取れない、たびたびそういうことがありました。

 

我家のインターホン(ドアベル)は、ベルを鳴らした相手を確認するためのモニターが付いています。インターホンが鳴ると、画面がパッと明るくなります。

画面の明るくなることを利用して、それをセンサーで感知し、スマートフォンに通知をする、という仕組みを構築して、なんとか問題を解決しようと思います。

 

人感センサーで光を感知することを利用するものなので、

モニターの付いていないインターホンではこの仕組みは利用できないです。

(モニター無しのインターホンの場合、音検知など、他の仕組みでないと不可能)

 

なお、通知を送る際のスマートフォンはiPhone15を使用してます。

 

 

【必要なものを購入】

 

ネットで色々調べ、まず購入したものが、

『Switchbot人感センサー』と、『Switchbotミニハブ』です。

 

Switchbot 人感センサー Motion Sensor 手のひらサイズ

Switchbot ハブミニ  (Switchbot Hub Mini) こちらも手のひらサイズ

 

【設置図】

 

箱から出して、2階のメインのインターホン(ドアベル)の前に、センサーとハブを実際に設置してみます。

最終設置図  我家のインターホン:ベルが鳴ると、同時にモニター画面が点灯

 

 

【余談です】

が、我家の場合、インターホンの前にちょうどスチールラックがありますが、その上にセンサー置くだけでは高さが足りないため、100円ショップで売っていたスマートフォンスタンドを利用しました。センサーはスマートフォンより幅が狭いので、スマートフォンを挟むところに段ボールを追加して、うまく挟めるようにしました。

100円均一の店で見つけたスマートフォンスタンド

 


【自分のスマートフォンにSwitchbot人感センサーを認識させ、設置する】

 

さて、スマートフォンスタンドにSwitchbot人感センサーを挟んで設置する前に、

自分のスマートフォンにSwitchbot人感センサーを認識させ、それが終わったら設置します。

 

1.

Switchbot人感センサーに電池を入れておきます。

 

2.

スマートフォンBluetoothをONにしておきます。

※この手順では、Bluetoothを利用して、Switchbot人感センサーをスマートフォンに認識させ、登録します。

 

3.

自分のスマートフォンに『Switchbot』アプリをダウンロード、インストールします。

付属の取扱説明書の中にQRコードがあるので、それを読み込むと素早くアクセスできます。

 

4.

『Switchbot』アプリを開くと、Bluetooth、位置情報、等へのアクセス許可の確認が尋ねられるので、OKで進みます。

 

5.

『Switchbot』でのアカウントを作成します。

アカウント登録画面の指示に従って進み、登録したいメールアドレス宛に届いたパスコードを入力して、登録を完了します。

 

6.「マイホーム」の右上の「+」マークをタップします。

「デバイスの追加」をタップします。

 

7.

人感センサーの上部のボタンを2秒以上押します。

人感センサーのライトが点滅したら、スマートフォンを近づけます。

 

8.

スマートフォンが人感センサーのデバイスを認識して読み取ります。

※途中、少し設定を促される項目があると思います。

(センサーの検出距離、光センサーの明暗の度合いなど)

※また、ファームウェアアップデートを促されたら、最新の状態にします。

 

9.

『Switchbot』アプリの「マイホーム」上に「人感センサー」デバイスが追加されていればOKです。

※「人感センサー(デバイスの名称)」は、任意の名前に変更可能です。

 

10.

Switchbot人感センサーをインターホンの画面の目の前に設置します。

 

 

 

【Switchbotハブミニを自分のスマートフォンに認識させる】

 

Switchbot人感センサーだけでは、スマートフォンに通知を送ることができないため、続いて、Switchbotハブミニを設定、設置します。

 

ハブミニはAC電源なので、初めに設置場所を決めなければなりません。

説明書には、設置場所は、Wi-Fiルータ、Switchbot人感センサー、両方から遠くない所に設置する、とあります。

自分は、Switchbot人感センサーの隣に置くことにしました。

 

では、人感センサーの場合と同様に、Switchbotハブミニをスマートフォンに認識させ、登録していきます。

 

1.

SwitchbotハブミニのACアダプタを接続し、コンセントに挿します。

 

2.

『Switchbot』アプリを開き、「マイホーム」の右上の「+」マークをタップします。

「デバイスの追加」をタップします。

 

3.

Switchbotハブミニのボタンを2秒以上押します。

Switchbotハブミニのライトが点滅したら、スマートフォンを近づけます。

 

4.

スマートフォンがSwitchbotハブミニのデバイスを認識して読み取ります。

 

5.

『Switchbot』アプリの「マイホーム」上に「ハブミニ」デバイスが追加されていればOKです。

※途中、自宅のWi-Fiのパスワードを求められたら、入力します。

 

 

スマートフォンのアプリの設定を再確認】

 

いったん、デバイスの設置と、アプリでのデバイス認識が済んだら、

もう一度、アプリ上の設定項目を確認します、

 

●「Switchbot人感センサー」

〇「オートメーション」

Switchbot人感センサーがインターホンのモニター画面の光を検知した際に、スマートフォンに通知を送る、という内容を登録します。

 

・「名称」:

任意でオートメーションに名前を付けます。

(例:「インターホンが鳴っている」など)

 

・「いつ」:

「条件を追加」

ー「デバイス

ー「人感センサー」

ー「照度:明るくなった」

をタップ。

 

・「実行」:

「アクションを追加」

-「プッシュ通知」

ー「メッセージ内容」欄に任意の文言を入力

ー「送信先」(所有者のメールアドレス)

 

「保存」ボタンをタップ。

1つ前の画面に戻るので、そこでも「保存」をタップ。

『Switchbot』アプリの「人感センサー」の中の「オートメーション」の項目に、

新規オートメーションが追加され、アクションがONになっていればOK。

 

 

〇画面右上の設定(歯車のアイコン)

「検出距離」:短

インターホンの目の前に「Switchbot人感センサー」を置くので、「短」でOK。

 

「光センサー」:

アプリの画面の指示に従っていきます。

インターホンのモニター画面の照度を認識させます。

例えば、インターホンに、外の様子をモニターするボタンがある場合はそれを押し、「インターホンが鳴ってモニター画面が明るくなった時の明るさ」をSwitchbot人感センサーに認識させます。

 

・「クラウドサービス」:

「オン」にします。

※「オフ」では、スマートフォンに通知を送ることできません。

 

 

 

●「Switchbotハブミニ」

ハブミニの設定では、

・「リモコンを追加」:室内のエアコンや照明などの赤外線リモコンを追加できます。

・画面右上の設定(歯車のマーク):Wi-Fiの設定、表示ランプのON/OFF設定ができます。

 

Wi-Fi接続については、「人感センサー」「ハブミニ」の設定時に、Wi-Fi接続のパスワードを聞かれるため、そこで正しいパスワードを入力していれば、既にWi-Fi接続は可能になっています。

 

 

●「通知センター」

『Switchbot』アプリの「マーホーム」の右上にある3点アイコンをタップ。

その中から、「通知センター」をタップ。

「通知センター」画面右上の設定(歯車のアイコン)をタップ。

〇「アプリ通知」:「ON」

〇「デバイス通知」

 ・「デバイス通知」:「ON」

 ・「通知管理」をタップ。

   「通知を許可」:「ON」

〇「シーン&オートメーション」

 ・「シーン&オートメーション」:「ON」

 ・「通知管理」:オートメーション通知「ON」

  ※さきほど自分で作成したオートメーション項目が表示されているはず。

  ※この項目は、通知が多くて煩わしいと感じる場合はOFFでもOKそうです。

 

 

【動作確認テスト】

 

インターホン(ドアベル)が鳴る=インターホンのモニター画面が明るくなる

スマートフォンに通知を送る

ができるかどうか、確認します。

 

インターホンのモニター画面を明るくします(外をモニターするボタンなどを押します)。

すると、スマートフォンに通知が届きます。

 

Wi-Fi通信の影響があるのかわかりませんが、

我家の場合は、5秒位して

「人感センサーが動体を検出しました」の通知がiPhoneの通知センターに届きました。

そして、さらに5秒位して

「メッセージ(自分で作成した文言)」がiPhoneの通知センターに通知されました。

 

ちなみに通知音は、

iPhoneー「設定」-「サウンドと触覚」-「デフォルトの通知音」が鳴りました。

スマートフォン上で『Switchbot』アプリを起動しているときだと、

なぜか別の通知音が鳴りました

iPhone「設定」ー「サウンドと触覚」ー「メッセージの通知音」)。

 

これでひとまず、1階や4階に居ても、インターホン(ドアベル)が鳴っているかわかります。

我家のインターホンを鳴らす人は、ほぼ宅急便の配達の人ですが、自分は在宅なのに気付かなくて、何度も来てもらうのは申し訳ないので、これで解決できると良いな、と思います。

 

 

 

iPhoneの下取り集荷に出すのが少し遅れた件(備忘録)

たぶん、何年かして、またiPhoneを買い換えるとき、自分はこの件はすっかり忘れているでしょう。備忘録として書いておきます。

 

Apple Trade Inの利用】

 

iPhoneの買い替えに伴い、初めてApple Trade Inというサービスで下取りに出すことにしました。

購入した商品が到着してから14日間以内に、下取りして欲しい端末をAppleへ出すと、査定後、下取り金額が返金される、というもの。

ちなみに、製品購入を伴わない下取りの場合は、現金ではなく、Appleで使えるギフトカードなどでの返金になるようで、ちょっと異なるようです。

この「14日間以内」というのも、原則は14日間なのでしょうが、自分の場合はもっと期間に猶予がありました。

自分の場合は、4月10日に購入製品を受け取りましたが、下取り端末の集荷日を、5月3日に予約することが可能でした。

端末購入時に同時に下取りを希望する場合、Appleのサイトで下取り端末の集荷予約のカレンダーが表示され、希望日を選択します。集荷可能な日以外はグレイアウトしていて、最終可能日が5月3日でした。

ですので、4月10日に受け取っていて14日間以内だと24日頃ですが、少し長めの日数となっていました。

日本がゴールデンウィークということを考慮してなのか、新商品の販売台数が多く(それに伴う下取り手続きが多く)、日数に余裕があるのか、理由はわかりません。

 

事前に宅配キットが送られてくる、みたいなことも聞いたことがあるのですが、自分の場合は、集荷時に箱を持ってきてくれました。

宅配の集荷時にはクロネコヤマトさんが来てくれましたが、外箱と、端末を固定して入れるための封入タイプの段ボール台紙を持参してくれました。自分で端末を入れて(入れるのは簡単)、渡しました。

 

 

iPhone端末を下取りに出す手続き】

 

さて、自分はAppleのサイトで最新モデルのiPhoneを購入。

購入時の画面で、下取りに出す、を選択しました。

下取り端末の提出方法を、宅配にしました(もう一つの選択肢は、店頭)。

購入手続きが終わると、購入製品に関するメッセージとメールが来ました。

それとは別に、下取りに関するメールも来ました。本人証明書の提出が必要です、という内容で、すぐに証明書を2種類、画像アップロードしました。

*ただ、証明書がOKでした、とか、結果の通知(メッセージ、メール)は来ませんでした。

自分はこういう手続きの場合は、スマートフォンだと画面が小さくて間違えやすいため、必ずPCで手続きをしますが、PCでAppleのサイトにサインインしてみると、数日たってから、画面の一番上に「証明書を受け取りました」的なメッセージが表示されました。

 

 

【下取り端末の集荷】

 

そして集荷予約した5月3日(集荷の時間指定:16時~18時)、私は帰宅が17時半頃になってしまい、すでに集荷が来た後で、ポストに不在票がありました。

あーーーーーー忘れてた。

ふとスマホを見ると、Appleから

「14日間の期間内にお客様のデバイスまたは身分証明情報が届かなかったため、下取りはキャンセルとなりました」

という新着メールが!!

「デバイスが配送中の場合は対応させていただきますのでご安心ください。デバイスが届き次第、注文番号を再度有効にして、下取りに出されたデバイスを確認いたします。・・・」

とも書いてあります。

ん?ちょっとよくわからない文章だけど・・・?

 

約束の時間に集荷されなかった、という情報が、ヤマトさんから下取り端末の確認業者さんへ渡ったことを受けて、自動的にメールが来たのかわかりませんが、ちょっと集荷に間に合わなかったからといって、こんなにも早くキャンセルと断言されるとは。。。

 

とりあえずメールの「ご安心ください」の部分を信じて、すぐに送れば問題ないかも?と思い、

慌てて集荷のヤマトさんのドライバーさんに電話。

「本日、再集荷は可能ですか?」

→「後でまた伺います」

良かった! それから1時間位して、無事に集荷の手続きは終了。

 

しかし・・・、

翌日の午前中にPCからAppleのサイトにサインインして、下取り端末の情報を見ても「キャンセルされました」の表示は変わらず。

「期間内に下取り端末が返送されない場合、端末は本人に返却します」

とも書かれています。

『昨日せっかく送った端末、返されてきちゃうの・・・?』

 

疑問1.

メールで

「14日間の期間内にお客様のデバイスまたは身分証明情報が届かなかったため、下取りはキャンセルとなりました」

と書いてあり、自分はそこで初めてネットで調べて、原則的に返却は14日間以内なのだ、と知りました。

『でもAppleのサイトで5月3日の集荷が予約できたんだけど?

そもそも14日間以内でないとダメだったの?

どういうこと?』

 

疑問2.

メールには、配送中なら大丈夫、みたいに書いてあります。

しかし、Appleのサインイン後の画面では、14日間以内に返送されなかったのでキャンセルです、端末が届いても返却します、みたいな文言が書かれています。

また混乱。。。

『はじめの集荷時刻に間に合わなかったら、システム上、もうその時点でキャンセル扱いなのかな?』

 

ところが・・・、

夜になってもう一度Appleのサイトにサインインしてみると、

「下取りプログラムのパートナーへ配送中」

に文言が変わっていました。

集荷の情報が更新されたんですかね?!これでやっとホッとしました。

でも、集荷を受け付けた旨のメールやメッセージは来ませんでした。

 

ということで、

疑問1.は、

「14日間以内に」はきっと原則で、Appleのサイトで14日間以上あとの日付で集荷予約できたなら、その日に集荷してもらえば、大丈夫なようです。

 

疑問2.は、

集荷時に不在でも、なるべく早く再集荷してもらえば、大丈夫みたいです。

 

Appleコミュニティにも沢山の人が同じような質問を寄せていて、「集荷時に不在だった場合は、すぐ宅配業者に再集荷を依頼してください」と回答がありました。

 

とにかく、メールやメッセージに関しては、来たり、来なかったり・・・・

自分は、下取り端末の集荷の前日にAppleから集荷予告のメールが来ると思い込んでいました。でも、メールもメッセージも無し。

 

結論

手続きの全てに関して必ず連絡が来る、とは考えないほうが良さそうです。

 

集荷時刻に不在だった自分がそもそも悪いですが・・・

 

★追記★

さきほど、2台持っていたiPhoneの2台目を下取りの集荷に出しました。

その約2時間後に、Appleから以下のようなメールが来ました。

日本のほうがアメリカより時刻が早いですよね。

今が集荷の前日のつもり???

さっき、もうiPhone、出しましたけど・・・?!

Appleからメール(明日、下取り端末の集荷です予告)

 

1台目のiPhoneの下取りには集荷予告メールは届かず、

キャンセル通知はしっかり届いてました。

どういうシステム?!

 

 

2室に分かれたダブルファスナーポーチ 作りかた 3.組立編

こちら ↓ の2つの記事の続きです。

 

leatherworksthalia.hatenablog.com

leatherworksthalia.hatenablog.com

 

この記事では、白っぽい色革のポーチの写真で説明していきます。

 

ファスナーポーチの組み立て

 

1. 

「胴」革パーツと、「ファスナー+マチ革」の縫い合わせ

 

「胴(このポーチのメインのパーツのことです)」革の1枚と、

先ほど縫い合せておいた「ファスナー+マチ革」パーツ1個を、縫い合わせます。

 

●まず、それぞれのパーツに印を付けておきます。

基本的には、ここで型紙が必要になってきます。

 

「胴」パーツは、次の位置に印を付けます。

・胴のファスナーの縫い止まり位置(左右2か所)

・胴の上辺の中央

・胴の下辺の中央

 

「ファスナー+マチ革」パーツは、次の位置に印を付けます。

・上記の「胴の上辺の中央」と付け合わせる位置

・上記の「胴の下辺の中央」と付け合わせる位置

 

●次に、革を中表(革の吟面どうしが内側で合わさる状態)に合わせます。

「ファスナー+マチ革」パーツの1つと、「胴」パーツの1つを印位置で合わせて、

サイビノールなどの糊で仮止め接着します。

端から3~4ミリのところを針落とし位置にして、グルっと一周縫います。

 

 

2. 

手順1で作ったパーツの外周に、もうひとつの「ファスナー+マチ革」のパーツを、中表に合わせて重ねます(写真を参考にしてください)。

端から5ミリの位置でグルっと一周、縫い合せます。

※端から3~4ミリ位の位置で縫った1のパーツよりも、より深い5ミリの位置で縫うことで、手順1で作ったパーツの外周の縫い目が隠れることになります。

 

 

3. 

手順2で作ったパーツと「胴」パーツを縫い合せて、1室目を作る

 

●手順2で作ったパーツの、ファスナーを必ず開けておきます。

 

●手順2で作ったパーツに、

「胴」革パーツ(ベルトループの付いていない革)を、

『外側にあるほうの』「ファスナー+マチ革」パーツと、

中表に合わせて、サイビノールなどの糊で仮接着します。

 

仮接着した外周をグルっと一周縫います。

 

縫えたら、開けておいたファスナーの口から、革を表にひっくり返します。

 

これで、2室のうち、1室ができました。

ひっくり返した様子。
1室ができました。
もう1室はこれから作りますが、ファスナー+マチだけがくっついている状態です。

 

4. 

1室目の隣に、2室目を作る

 

●手順3で作ったパーツの、横にくっついているだけの「ファスナー+マチ革」パーツのほうを、中表の状態にします。

 

方法:

手順3の最後の写真では、「ファスナー+マチ革」パーツは、表に返った状態になっています。

これを、表側(吟面)が内側になるように、先ほど作った1室目の方向へ、裏返して倒し、1室目の上にかぶせます。

(下の写真を参考にしてください)

「ファスナー+マチ革」パーツを、反対側に裏返して倒し、1室目に沿わせる


●先ほど倒した「ファスナー+マチ革」パーツのファスナーは、必ず開けておきます。

 

●次に、「胴」革パーツ(ベルトループが付いている革)を、

この「ファスナー+マチ革」パーツと中表に合わせ、

サイビノールなどの糊で仮接着し、外周を縫い合わせて、2室目を作ります。

※中表に合わせると、一時的に、1室目が2室目の中にすっぽり入った状態になります。

 

一周、グルっと縫い終えたら、先ほど開けておいた2室目のファスナーの開き口から、2室目を表に返します。

 

1室目と2室目が横に並びます。

これで、出来上がりです!

 

ぜひ、作ってみてくださいね。

 

 

2室に分かれたダブルファスナーポーチ 作りかた 2.準備編

leatherworksthalia.hatenablog.com

の続きです。

 

途中、白っぽい色革のポーチの写真が混ざっていますが、ご了承ください。

 

 

2室に分かれたポーチ 作りかた 2.準備編

 

こんな感じの2室あるミニポーチを作っていきます。

 

1.

「パイピング」パーツを作る

 

パイピング用の巻革の床面にサイビノールなどの接着剤を塗ります。

巻革の幅の中心にパイピング芯を置きます。

パイピング芯を巻くように巻革を2つ折りにして接着します。

革が柔かいので、革を伸ばさないように、位置がずれないように、注意します。

接着がはがれないように、ローラーなどでしっかりと圧着します。

計3本、作っておきます。

パイピング芯に巻革を巻く

パイピングができた!


2.

「ファスナー+マチ革」パーツを作る

 

マチ革の両端を、それぞれ「ヘリ返し」(革を折り返して接着すること)します。

(計2枚)

 

ファスナーの、上留め、下留め(それ以上スライダーが動かないように施されたファスナー両端にある金具のこと)のすぐ脇に、先ほど端をヘリ返ししたマチの革を、それぞれサイビノールなどの糊で仮止め接着し、そのあと、写真の赤線の所をミシンで縫います。

計2セット、作ります。

ファスナーとマチ革を、写真の赤線の所で縫い合わせ、1つのパーツにします
(計2セット)。

 

3.

「胴」革パーツの1枚に

ベルト通し用のテープを接着しておく

 

胴革を1枚、横長に置き、上辺、下辺とも、横の長さの中央位置に、印を付けます(吟面に)。

テープは縦長に置き、上辺、下辺とも、横の長さの中央位置に、印を付けます。

印は、吟ペンかボールペンで、点か、1mm位の長さの線で、目立たないように付けます。

上辺、下辺とも、それぞれ付けた印どうしを合わせて、革にテープを乗せます。

それぞれの端を、サイビノールなどの糊で、5ミリくらいの幅で接着します。

 

ごめんなさい、この工程の写真がありませんが、赤枠部分のことです。

 

 

4.

「胴」革パーツに「パイピング」パーツを接着しておく

 

写真を参考に、「パイピング」パーツを「胴」革パーツの周囲に、サイビノールなどの糊で接着します。

(計3枚)

※写真の2㎝x2㎝位の「小さな革パーツ」は、継ぎ目を隠すために付けています。0.5㎜厚くらいの革を使うのが理想的です。無くてもOKですが、あったほうが見た目が良くなります。

写真のように、4つの角(カド)に切り込みを入れ、接着したパイピングができるだけ自然な形になるようにします。

切り込みの長さは、根元を0.5㎜くらい残すイメージで、ハサミを入れます。

 

 

 

ベルト通しが貼ってある「胴」革パーツは、その上からパイピングパーツを貼ります。

 

 

各パーツの組み立てを終えたので、

次回の記事 ↓ は、いよいよパーツどうしの縫い合わせです。

 

leatherworksthalia.hatenablog.com

2室に分かれたダブルファスナーポーチ 作りかた 1.概要編

知人の依頼でこんなダブルのファスナーのポーチを作ってみました。

2つの部屋に分かれていて、それぞれファスナーで開閉します。

後ろ側にナイロンテープがあるので、ウエストのベルトに通して使うことができます。

 

2室に分かれたポーチ(ダブルのファスナーのポーチ)茶1

2室に分かれたポーチ(ダブルのファスナーのポーチ)茶2

2室に分かれたポーチ(ダブルのファスナーのポーチ)茶3

 

調子に乗って、色違いも作ってみました。

2室に分かれたポーチ(ダブルのファスナーのポーチ) 赤

2室に分かれたポーチ(ダブルのファスナーのポーチ)白

 

【概要】

 

写真のようなポーチでは、「クロムなめし」という、とても柔かくしなやかで、表面の加工により水をはじきやすい革をよく使います。

また、ミシンや手縫いによる「内縫い」(このポーチは内縫いで作っています)に適しています。

 

「内縫い」は文字通り、外側から縫い目が見えません。

内側に縫い目があるということは、革の裏側(床面)から縫って、袋状に縫いあげてから、表にひっくり返す、という手順で作ります。

 

 

★材料について

 

<革>

 

革は必ずクロムなめしの柔かい革を使います。

ここでいう「柔かい」の程度は、鞄を縫って作っても絶対に自立しなさそうな、ぐにゃぐにゃの柔かさのことです。

革材料専門店以外でも、大きめの手芸材料店などでも売っている場合があります。

革の厚みは、厚くても1㎜まで、が良いと思います。

 

<ファスナー>

 

普通のファスナーでも、

ポーチの写真のような、頭合わせタイプのファスナー(スライダーが2つある)でも、

どちらでも良いです。

 

頭合わせのファスナーにしておくと、好きな位置で閉められるため、特にウエストのベルトに付けたい場合は、身体をあまりひねらなくても楽に開閉できます。

 

 

<プラスチック製パイピング芯>

 

今回のこのポーチでは、革が非常に柔かいため、成型するために、細いプラスチック製の、パイピング芯があったほうが作りやすいです。

手芸店などで買えます。

 

ただ、経年により、この手のプラスチック系のパイピング芯は、革が劣化してきた際に中から飛び出してくることがあります。

これはもう仕方がないことです。予めそういう可能性があることをわかっておくと良いです。

 

なお、革漉機がある人は、革だけでパイピング芯のパーツを作ることもできると思います。

 

 

<テープ(ベルトループ用)>

 

素材はナイロン、アクリルどちらでも構いません。

エストのベルトに通して使う目的のため、へたりが早いと困ります。

硬めでしっかりしたテープを選びます。

(例:厚さ2ミリのヌメ革を曲げようとしたときの硬さくらい。

          ちょっとわかりにくいかな・・・?!)

手芸店などで買えます。

 

 

★裁断について

 

型紙通り裁断するだけなのですが、クロムなめしの革は柔かいため、カッターなどよりはハサミのほうが切りやすい場合が多いです。用具は自分が切りやすいもので行います。

 

材料を裁断しました。
(このファスナーは撮影用です。頭合わせ(両開き)タイプのファスナーではありません。)

 

 

★縫製について

 

このポーチはミシンで縫います。手縫いはお勧めしません

どうしても手縫いする場合は、後半に記載してる要領で縫うことをおススメします。

 

<ミシンの場合>

 

少しカーブのところは大変かもしれませんが、工業用腕ミシンが無くても、平ミシンだけで縫えます。家庭用ミシン、職業用ミシン、工業用ミシン、どれでも大丈夫です。

 

ただし、革を縫うことを想定していないパワーの弱い家庭用ミシン・職業用ミシンの場合は、革の胴とマチの周囲を革漉きしておくほうが無難です。

 

もし、革漉きができない場合は、

できるだけ薄い革(理想的には厚0.6~0.7㎜程度)を用意します。

 

縫うためには薄くなければならないのですが、

使用に耐えるためには、すぐに破れてしまわない程度の強度が無いといけません。

そこで、胴とマチの床面に、薄い不織布系の芯材を貼って、補強します。

芯材の指定は特にありませんが、

なるべく薄く、しなやかで、革のハリを出せるものを選びます。

おススメは、0.4㎜厚くらい、不織布、接着用シールが付いたもの。

革にはアイロンがかけられないため、通常、芯材は、自分で糊で貼るタイプか、シール付きタイプを使いますが、今回は、シール付きのタイプの芯材が良いです。

今回の革の材料は厚みがあまり無いのと、クロム鞣しのため、糊が表に染み出す恐れがあり、糊での接着はおススメしません。

 

芯材を貼る位置は、ミシンをかける部分を避けて貼ります。

革のパーツを裁断したら、予め貼っておきます。

 

 

<ミシンの押え>

 

カーブが縫いやすくなるように、小回りがきく押えを選びます。

 

 

<糸>

 

糸の番手は、30~40番手くらいが良いと思います。

あまり細い番手だと切れやすくなりますし、あまり太い番手だと、革を表に返した時にゴロゴロと邪魔になります。

 

 

<(おススメしませんが、)手縫いの場合>

 

通常の穴あけ方法での手縫いはおススメしません。

理由は、菱目打やヨーロッパ目打で斜めに穴開けすると、ひっくり返した際、縫い穴の端が表に見えやすい点にあります。

革がところどころ切れているようにも見え、あまり綺麗ではありません。

 

どうしても手縫いする場合は、ちょっと大変ですが、ポンチで穴開けして縫うか、短い1本目(開ける穴が1つの時に使う目打ち)を使って、斜めではなく直線に縫い穴を開けて縫えば、表にかえしたときに糸が見えにくくなります。

ポンチの穴の大きさの目安は、糸が通る大きさになるので、以下のような感じです。

糸のΦが0.55㎜の場合:直径0.6㎜のポンチ

糸のΦが0.45㎜の場合:直径0.5㎜のポンチ

 

[縫い穴のイメージ]

/ / / / /  (斜めに穴を開ける→NO!)

-----(まっすぐ穴を開ける→YES)

 

また、1.5ミリピッチ位で穴開けして縫わないと、角(コーナー)の丸みが綺麗に出ないので、なるべく幅が細く、ピッチの小さいポンチや目打ちを使います。

 

 

★続きは次の記事で★

leatherworksthalia.hatenablog.com